政策提言
グローバルヘルス・ガバナンスの再構築-G7への提言

2014年に西アフリカ諸国で生じたエボラ出血熱は、対応が遅れたために、人道的・経済的・政治的危機を引き起こしました。公衆衛生・保健の問題は、2015年に採択された「持続可能な開発目標(SDG)」の目標の一つになっています。また、感染症の蔓延テロによる生物化学兵器等の使用、難民問題による国際的な人の移動など関連する課題も多いです。こちらは5月26・27日に開かれた伊勢志摩サミットに向けた、グローバルヘルス・ガバナンスの再構築に関しての包括的な提言です。

photo by USAID U.S. Agency for International Development’s Photostream, on Flickr

INFORMATION

【アーカイブ】

EVENTS

一覧

PICKUP