Economic Seminar Series 2
東京大学政策ビジョン研究センター/IMF共催セミナー

世界経済と中国-迫られる構造改革
Global Economy and China:Urgency of Structural Reforms

photo by Thomas Bächinger

開催報告

【日時】
2016年6月2日(木)14:00-17:00(13:30開場予定)
【会場】
東京大学本郷キャンパス福武ホール 地図
【主催】
東京大学政策ビジョン研究センター(PARI)/国際通貨基金(IMF)
【備考】
プログラム
無料(事前登録制)
【言語】
日英同時通訳付
世界経済の成長率低迷が懸念される中、潜在成長力を高めるための構造改革の必要性が高まっています。本セミナーでは、世界経済と中国における構造改革の課題について様々な角度から検討します。まず第一セッションでは、今年4月発表のIMF「世界経済見通し」第3章のテーマ「構造改革がもたらす経済に与える影響」について著者が発表するとともに、コメンテーターを交え、日本の構造改革の在り方等についても議論します。第二セッションでは、IMFの北京事務所長が、中国経済の現状分析、構造転換に向けた諸課題についてIMFの立場から発表するとともに、コメンテーターと議論を深めます。

プログラム

14:00-15:30 Session 1 経済成長を促す生産・労働市場における構造改革への挑戦
Speaker:
 ロメイン・デュバール - 国際通貨基金(IMF)調査局審議役
Discussants:
 ル-ド・モイ - IMF財務局租税政策課次長
 植田健一 - 東京大学経済学部准教授
 ジョバンニ・ガネリ - IMFアジア太平洋地域事務所次長
Moderator:
 篠原尚之 - 東京大学政策ビジョン研究センター教授
15:30-17:00 Session 2 中国経済-迫られる構造転換に向けた課題
Speaker:
 アルフレッド・シプキ - IMF北京駐在上級代表
Discussants:
 河合正弘 - 東京大学公共政策大学院 特任教授
 露口洋介 - 信金中央金庫上席審議役
 高田和典 - ブルームバーグ東京支局長
Moderator:
 ウイリアム・ぺセック - Executive Editor, Barron's Asia