日仏における「健康経営」を通じた組織の全体最適の実現

Read in English

開催報告

【日時】
2016年10月20日 14:00 - 16:30 (13:30開場)
【会場】
東京大学 伊藤国際学術研究センター  伊藤謝恩ホール
【主催】
東京大学政策ビジョン研究センター 健康経営研究ユニット
【後援】
厚生労働省、経済産業省、日本経済団体連合会、東京商工会議所、
健康保険組合連合会、全国健康保険協会
*本シンポジウムは、公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団 第24回ヘルスリサーチ研究助成(国際共同研究)により開催されます

【備考】
参加費:無料
お問合せ: 東京大学政策ビジョン研究センター 健康経営研究ユニット 事務局 ℡. 03-5841-0934

【言語】
日仏同時通訳付き

趣旨

「健康経営」(Health and Productivity Management:HPM)の枠組のもとで、組織の健康関連総コストの推計、生産性と健康リスクの関連性の検討により健康リスク構造を可視化し、その縮減・改善を通じた組織の全体最適の実現について、日仏国際比較研究の成果報告と日本の保険者によるデータヘルスを活用した事例報告を実施し、さらなる健康経営研究を推進します。

プログラム

14:00 開会の辞 尾形 裕也 (東京大学政策ビジョン研究センター 特任教授)

14:10 基調講演 Sebastien Richard (リール第1大学 准教授)
             “Working conditions, health and sickness absence / presence in France”
             フランスにおける「健康経営」研究の現状及び課題等

14:40 セッション 1 東京大学とリール第1大学との共同研究結果;
              健康経営研究における日仏比較:「生産性」測定等をめぐって
  -報告者
     津野 陽子 (東京大学政策ビジョン研究センター 特任助教)
     渋谷 克彦 (順天堂大学医学部総合診療科 助教)
     Benjamin Huver (リール第1大学 准教授)
  -コメント
     Sebastien Richard
     尾形 裕也

<休憩 10分>

15:40 セッション2 パネルディスカッション;日本における「健康経営」事例
  -モデレーター: 古井 祐司 (東京大学政策ビジョン研究センター 特任助教)
  -Panel 1: 安藤 宣弘 (株式会社大和証券グループ本社)
  -Panel 2: 高塚 志保 (東京海上日動リスクコンサルティング株式会社)
  -Panel 3: 福井 卓子 (聖マリアヘルスケアセンター)

16:20 閉会の辞 古井 祐司

*健康経営®は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です.