お申し込みはこちら

開催趣旨

健康・医療・介護データを活用し健康課題の解決に科学的にアプローチをする「データヘルス」。政府の「日本再興戦略 改訂版2014」において、国民の健康寿命の延伸および生産性の向上に資する重要施策として掲げられました。全国の健康課題を可視化するポータルサイトも活用し、保険者による第2期データヘルス計画が本格稼働しました。少子高齢社会の課題解決に資する目的で、本年1月、産官学連携のもと東京大学に創設されたデータヘルスの研究拠点より、データヘルスの最新研究を発信します。

プログラム

[敬称略]

開会 東京大学政策ビジョン研究センター 教授 大学執行役・副学長 渡部 俊也

特別講演1「第2期データヘルス計画の本格稼働」  厚生労働省保険局保険課 課長 安藤 公一

特別講演2「データヘルスを活用した保険者機能の発揮」  健康保険組合連合会保健部 部長 小松原 祐介

ユニット紹介「少子高齢社会の課題解決を目指すデータヘルス研究」  東京大学政策ビジョン研究センターデータヘルス研究ユニット 特任教授 古井 祐司

セッション「『人事』×『健保』のコラボヘルス実践より」  東京大学データヘルス研究ユニットWS参加企業の人事担当者様
 (コーディネーター)
 東京大学政策ビジョン研究センターデータヘルス研究ユニット 特任准教授 井出 博生

閉会
*やむを得えない事情により、当日の講師が変更になる場合があります。