顧問会

有本 建男

Tateo Arimoto

政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策プログラム 教授、JST研究開発戦略センター・副センター長(兼務)

略歴

1974年京都大学大学院理学研究科修士課程修了、科学技術庁入庁。科学技術庁研究振興局科学技術情報課長、原子力局廃棄物政策課長、科学技術政策局政策課長、宇宙開発事業団ロス・アンジェルス所長、海洋科学技術センター企画部長、日本原子力研究所広報部長、理化学研究所横浜研究所研究推進部長、内閣府大臣官房審議官(科学技術政策担当)、文部科学省大臣官房審議官(生涯学習政策担当)などを経て、2004年文部科学省科学技術・学術政策局長。05年内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官、06年からJST社会技術研究開発センター(RISTEX)センター長(現在も兼務)。12年より、国立大学法人政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策プログラム教授。著書に「高度情報社会のガバナンス」(共著、NTT出版)など。第2期、第3期の科学技術基本計画など日本の科学技術政策の策定に参画。