Policy Briefs

Policy Briefは様々な政策案件に関して、政策ビジョン研究センターや本学の関連部局などの 政策研究のエビデンスに基づき、政策の選択肢について簡潔に解説を行うものです。 重要な政策案件について、今後もタイミングをとらえた発表を行っていきます。

2016/5/13

Read in English

Traveling through time Chris Chabot, on Flickr


Rebuilding Global Health Governance -Recommendations for the G7

(2016年5月13日)
要約(政策提言)
プレスリリース グローバルヘルス・ガバナンスの再構築-G7への提言
全文PDF (英語)
城山 英明(東京大学政策ビジョン研究センター・公共政策大学院・大学院法学政治学研究科 教授)
勝間 靖(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授)
松尾 真紀子(東京大学政策ビジョン研究センター 特任助教)

2014年に西アフリカ諸国で生じたエボラ出血熱は、それへの対応が遅れたために、人道的・経済的・政治的危機を引き起こした。公衆衛生・保健の問題は、2015年に採択された「持続可能な開発目標(SDG)」の目標の一つになっている。また、感染症の蔓延、テロによる生物化学兵器等の使用、難民問題による国際的な人の移動など関連する課題も多い。

上記を受けた、東京大学政策ビジョン研究センター複合リスク研究ユニット(代表・城山英明東京大学教授)による、5月26・27日に開かれる伊勢志摩サミットに向けた、G7各国に対するグローバルヘルス・ガバナンスの再構築に関する包括的政策提言。