第8回 レジリエンス政策研究会 開催概要

  • 議題:「東京都の防災対策」
  • 日時:2015年1月20日(火)18:00‐20:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター3F特別会議室
  • 講師:前田 哲也 氏(東京都総務局総合防災部 計画調整担当課長)

続きを読む

第6回 レジリエンス政策研究会 開催概要

  • 議題:「行政をめぐる近時の状況と今後のあり方について ~ 厳密なリスク管理型の行政からレジリエンス型の行政へ」
  • 日時:2014年9月16日 18:00 - 20:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター3F特別会議室
  • 講師:中井亨氏(内閣官房行政改革推進本部事務局参事官)

続きを読む

第5回 レジリエンス政策研究会 開催概要

  • 議題:「Building a Global Commons: Resilience in Managing Extreme Events」
  • 日時:2014年9月1日 9:30 - 12:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 工学部3号館321教室
  • 講師:Dr. Louise K. Comfort(Professor of Public and International Affairs and Director, Center for Disaster Management, University of Pittsburgh)

続きを読む

第4回 レジリエンス政策研究会 開催概要

  • 議題:「自衛隊の災害派遣と国民保護措置の実施について」
  • 日時:2014年7月15日 19:20 - 21:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター3F 特別会議室
  • 講師:原田忠義氏  防衛省運用企画局事態対処課国民保護・災害対策室長

続きを読む

第3回 レジリエンス政策研究会 開催概要

  • 議題:「地方自治体(県)における危機管理業務の課題」
  • 日時:2014年6月17日 18:00 -20:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター3F 特別会議室
  • 講師:小川英雄氏  前静岡県危機管理監・静岡県住宅供給公社

続きを読む

第2回 レジリエンス政策研究会 開催概要

  • 議題:「医療・公衆衛生領域の健康危機管理・災害対策について」
  • 日時:2014年5月20日 18:00〜20:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 山上会館 会議室1
  • 講師:寺谷俊康氏 厚生労働省大臣官房厚生科学課 健康危機管理・災害対策室 室長補佐

続きを読む

第1回 レジリエンス政策研究会 開催概要

  • 議題:「緊急事態における我が国の危機管理体制と危機管理の課題」
  • 日時:2014年4月22日 18:00〜20:00
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター3F 特別会議室
  • 講師:伊藤哲朗氏 東京大学客員教授・元内閣危機管理監

続きを読む

『AERA』2015年3月9日号掲載

本日発売の朝日新聞社『AERA』(3月9日号)「リスク社会を生きる」特集にて、第二回リスクランドスケープ調査における50項目のリスク要素、および岸本充生特任教授への取材が掲載されました。 リスクランドスケープ調査については研究テーマ紹介にて解説を掲載しております。 また、現在、リスク項目を34に絞って誰でもウェブ上で簡単に自分自身のナショナルリスク・ランドスケープを描いてみることができる作成ツールを用意しました。ぜひ参加して回答してみてください。(実施中のアンケートページはこちら)
続きを読む

複合リスクのガバナンスに向けて(3)

  • 複合リスクのガバナンスに向けて(1)
  • 複合リスクのガバナンスに向けて(2)
  • 複合リスクのガバナンスに向けて(3)

ナショナルリスクを評価する

ナショナルリスクを俯瞰し、重要なリスク群を同定したら、それらのリスクを利用可能なデータや情報に基づいて、多面的にプロファイリングすることが次のステップである。現在、米国や英国を始めOECD加盟国を中心に15ヶ国で、オールハザードを対象としたナショナルリスクアセスメントが政府機関で実施されている。

続きを読む

複合リスクのガバナンスに向けて(2)

  • 複合リスクのガバナンスに向けて(1)
  • 複合リスクのガバナンスに向けて(2)
  • 複合リスクのガバナンスに向けて(3)

日本のリスクを俯瞰する

今後10年程度(2025年まで)を展望したとき、日本のナショナルリスクとして考慮すべきリスクを洗い出し、これらのリスクの発生可能性と影響度、リスク間の相互関連性などについて、有識者の認識を可視化するため、平成26年3月の予備的調査を踏まえ、同年8月にWebアンケート調査(有効回答者数169名)を実施した。

続きを読む

複合リスクのガバナンスに向けて(1)

  • 複合リスクのガバナンスに向けて(1)
  • 複合リスクのガバナンスに向けて(2)
  • 複合リスクのガバナンスに向けて(3)

我々の社会経済活動は、様々な技術システムに支えられながら、広域そしてグローバル且つ重層的に繋がり合っている。そして、我々は、地震、洪水、台風、津波、火山噴火、異常気象や人・獣感染症の広域流行といった自然起因のハザード、重要インフラ施設での重大事故や施設事故による放射性物質・有害化学物質・生物学的物質の放出・汚染といった技術起因のハザード、サイバー攻撃や重要施設・機能集積エリアへの物理的破壊攻撃といった人的行為起因のハザードなどに常に晒されている。そのため、ひとたびある分野で重大なリスクが顕在化すると、それは時間的、空間的な拡がりをもちリスクの連鎖を引き起こし、ひいては直接的、間接的に国家の成長や国民生活への深刻な障害となる可能性がある。

続きを読む

研究ユニットのウェブサイトを開設しました

複合リスクガバナンスと公共政策研究ユニットのウェブサイトを新規に開設いたしました。

研究ユニットの活動に沿って随時アップデートしてまいりますと同時に、コラム等、ウェブならではのアウトプットも計画しております。更新情報については政策ビジョン研究センターの Facebook や Twitter アカウントと連携してお知らせしてまいります。

お問い合わせ・不具合などございましたら crg@pari.u-tokyo.ac.jp までどうぞお気軽にご連絡ください。

続きを読む