【新NEDO社会連携講座(知的資産経営研究講座) | Intellectual Asset-Based Management Research and Education Program】企業の保有する特許や技術ノウハウなどの知的資産が、その企業の競争力や収益につながるためには、競争力の源泉であるクローズ領域と、技術のブローバルな普及のためのオープン領域を適切に切り分けたしっかりした企業戦略が必要です。本講座の活動は、これらの企業の知的資産マネジメントの具体的実践についての研究、及び、新興国等における知財・標準・イノベーションに関する研究を行い、その成果を、東京大学における教育に生かしていくことと同時に、公開講座等を通じて広く社会への普及を図っていくことを目的として行われています。

知的資産経営総括寄付講座(2007年10月〜2011年9月)

寄付者ご紹介

東京大学は、2007年10月総括プロジェクト機構内に「知的資産経営総括寄付講座」を設置いたしました。

本総括寄付講座は、株式会社リクルート、ngigroup株式会社、笠原健二氏、他より寄付をいただき実現したもので、2007年10月〜2011年9月まで、4年間のプロジェクトとして活動いたしました。

人財育成

本総括寄付講座は、サービス産業分野の企業やハイテクベンチャー企業における知的資産マネジメントについて研究を行い、成果を体系化した教育プログラムを実施いたしました。