PARI

Read in English

Members

藤原帰一 法学政治学研究科教授・東京大学政策ビジョン研究センター
センター長 / SSUユニット長

関心分野

国際政治、国際紛争研究、東南アジアの政治

略歴

東京大学法学部卒業、同大学大学院博士課程単位取得満期退学。フルブライト奨学生としてイェール大学大学院に留学。東京大学社会科学研究所助手を務め、千葉大学法経学部助手、同助教授、東京大学社会科学研究所助教授を経て、1999年から現職。2017年4月より東京大学政策ビジョン研究センターセンター長。フィリピン大学アジアセンター客員教授、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際研究院客員教授、米国ウッドローウィルソン国際学術センター研究員等を歴任した。

著書『平和のリアリズム』(岩波書店、2004年)で石橋湛山賞を受賞。TV放送の国際政治や日本の外交政策等に関するコメンテーターや、映画評論なども手掛ける。

飯田敬輔 法学政治学研究科教授

関心分野

国際貿易をめぐる政治過程、法制度化の理論

略歴

東京外国語大学卒業、オーストラリア国立大学大学院修士課程修了、東京大学大学院修士課程修了、ハーバード大学大学院博士課程修了、Ph.D(政治学)取得。プリンストン大学助教授、青山学院大学助教授、同教授を経て、2007年より現職。

近年の研究上の関心は、東アジアの地域統合をめぐる政治や、エネルギー分野を含む貿易をめぐる政治、金融危機・通貨危機の政治経済学などである。公的活動としては、日本国際政治学会事務局長(2008-2010)を務めた。

城山英明 法学政治学研究科・公共政策大学院教授

関心分野

行政学、国際行政論、科学技術と公共政策

略歴

1965年生まれ。東京大学法学部卒、同助手、東京大学大学院法学政治学研究科講師、助教授を経て、東京大学大学院法学政治学研究科教授(公共政策大学院教授を兼務)。専門は、行政学、国際行政論、科学技術と公共政策。東京大学政策ビジョン研究センター元センター長、公共政策大学院前院長。主要業績に、「国際行政の構造」、「中央省庁の政策形成過程」、「法の再構築Ⅲ科学技術の発展と法」、「国際援助行政」、「科学技術ガバナンス」、「政治空間の変容と政策革新①政策革新の理論」等がある。

高原明生 法学政治学研究科教授

関心分野

現代中国の政治、東アジアの国際関係

略歴

東京大学法学部卒業、サセックス大学開発問題研究所修士課程を修了(MPhil(Development Studies))、1988年サセックス大学開発問題研究所博士課程修了(DPhil)。笹川平和財団研究員、在香港日本国総領事館専門調査員、桜美林大学国際学部専任講師、同助教授、立教大学法学部助教授、同教授などを経て、2005年より現職。

公的活動としては、英国開発問題研究所理事 (1999‐2003)、アジア政経学会理事長 (2009‐11)等を歴任した。現在は、新日中友好21世紀委員会秘書長、東京財団上級研究員、日本国際問題研究所客員研究員を兼任している。

小原雅博 法学政治学研究科教授

関心分野

日本政治外交、国際関係

略歴

東京大学卒業、カリフォルニア大学バークリー校修了(アジア学、修士)、立命館大学より博士号(国際関係学)。外務公務員上級試験合格後、1980年に外務省に入省し、国際連合日本政府代表部参事官、アジア局地域政策課長、経済協力局無償資金協力課長、アジア大洋州局審議官、在シドニー総領事、在上海総領事などを歴任。

著作に、『東アジア共同体−強大化する中国と日本の戦略』(日本経済新聞社、2005年)、『国益と外交−世界システムと日本の戦略』(日本経済新聞社、2007年)、『「境界国家」論—日本は国家存亡の危機を乗り越えられるか?』(時事通信出版局、2012年)、『チャイナ・ジレンマ』(ディスカバー21、2012年)など多数。

青井千由紀 公共政策大学院教授

関心分野

国際政治学、戦争・紛争研究、安全保障学、国際組織論

略歴

上智大学外国語学部英語学科卒、東京大学大学院総合文化研究科入学後、MITで修士号、コロンビア大学でPhDを取得。J. スナイダー、R.ベッツ氏に師事。専門は国際政治学、戦争学、安全保障学、国際組織論。青山学院大学国際政治経済学部教授を経て、2016年より東京大学公共政策大学院教授(国際安全保障)。2008−9年、ロンドン大学キングスカレッジ戦争学部客員研究員。他、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)JPO、国連大学(UNU)学術研究官(Academic Programme Officer)などを歴任した。

最新の著作に、(領域:安定化と国連ドクトリン)[著書(共編著者)]UN Peacekeeping Doctrine In a New Era: Adapting to Stabilization, Protection & New Threats (Co-editor with Cedric de Coning and John Karlsrud), Routledge (Global Institutions Series), 2017;(領域:多国籍軍と国際協力)[著書(一章担当)] “Conditions for Effective Intelligence and Information-Sharing: Insights from Dutch–Japanese Cooperation in Iraq, 2003–2005” in Irina Goldenberg, Joseph Soeters, and Weylon H. Dean eds., Information Sharing in Military Operations (Springer, 2017) などがある。

イー・クアン・ヘン 公共政策大学院教授

関心分野

現代の戦争、グローバリゼーションとリスク、新しい安全保障

略歴

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業後、英国政府奨学金を得てPhD.取得(国際関係学博士)。ダブリン大学トリニティ・カレッジやセント・アンドリュース大学などで教職を歴任。その間、早稲田大学や東京大学にて客員研究員を歴任。シンガポール国立大学リー・クアン・ユー公共政策大学院准教授および学長補佐(研究部門)を経て、2016年より現職。

最新の著作に 'Managing Global Risks in the Urban Age: Singapore and the making of a Global City' (Routledge, 2015)がある。

三浦瑠麗 専任講師

関心分野

デモクラシーと国際政治、広義の安全保障

略歴

東京大学農学部卒、同公共政策大学院修了、同法学政治学研究科博士課程修了。専門は国際政治学、比較政治学、政軍関係理論。東京大学政策ビジョン研究センター特任研究員、日本学術振興会特別研究員等を経て、2016年より現職。

単著に『シビリアンの戦争ーデモクラシーが攻撃的になるとき』岩波書店、2012年、『日本に絶望している人のための政治入門』文春新書、2015年。

ロベルト・オルシ 特任講師

関心分野

国際政治理論、ヨーロッパの保守思想の歴史、東アジア地域安全保障

略歴

イタリア、トリノ大学法学部卒業、ロンドン・メトロポリタン大学法律・政治・国際関係学部卒業、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE) 国際関係学研究科博士課程修了(Ph.D、2012年)。ドイツのCOELER法律事務所弁護士、LSEフェロー、東京大学政策ビジョン研究センター特任助教を経て現職。2015年より公共政策大学院の特任講師兼務。博論のテーマは、国際政治における秩序の概念について。

玉置敦彦 特任研究員

関心分野

国際政治学、同盟論、日米関係史、アジア太平洋国際関係

略歴

東京大学法学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)。フルブライト奨学生としてボストン大学、またVisiting Assistant in Researchとしてイェール大学に留学。日本学術振興会特別研究員(DC2)、笹川平和財団研究員補佐を経て、2016年より現職。神奈川大学、青山学院大学、立教大学、学習院大学で非常勤講師を兼任。

主な業績として、「ジャパン・ハンズ―変容する日米関係と米政権日本専門家の視線、1965-68年」『思想』1017号(2009年)。「帝国と同盟―非対称同盟の理論」東京大学大学院法学政治学研究科博士(法学)学位論文、2014年。「ベトナム戦争をめぐる米比関係―非対称同盟と『力のパラドックス』」『国際政治』第188号(2017年)。