大学連携による政策シンクネット研究実証プロジェクト

設置日:13/10/30

Read in English

趣旨

大学連携により実践的な社会課題の可視化を行い、学問的研究を基礎に社会課題に対応する政策的研究共同プロジェクトを構築し、支援する。

内容

実践的な社会課題の可視化を行い、学問的研究を基礎にそのような社会課題に対応する政策研究を実施する大学間共同ネットワークを構築し、実施するとともに、そのための支援メカニズムの設計を行う。当該プロジェクトの実施を通して、実践的政策研究を推進するとともに、社会における政策議論を活性化することも目的とする。また、政策提言の読者となるべき産学官の重要な関係者によるアドバイザリーボードを設置する。なお、個別の実践的政策研究等は共同研究により行う。

政策シンクネットのウェブサイトへ

プロジェクトリーダー

城山英明教授(政策ビジョン研究センター副センター長、公共政策大学院、法学政治学研究科)

プロジェクト構成メンバー

坂田一郎教授(政策ビジョン研究センター、工学系研究科)、谷口武俊教授(政策ビジョン研究センター)、鈴木寛教授(公共政策大学院)、渡部俊也教授(政策ビジョン研究センター副センター長)、太田響子講師(愛媛大学法文学部講師、東京大学公共政策大学院客員研究員)、松尾真紀子特任助教(政策ビジョン研究センター)、藤田正美客員研究員(政策ビジョン研究センター)ほか